11番出口はこちらです

10年働いているのに、職場最寄の駅の出口が覚えられません。問い合わせにはしょっちゅう13番と答えます。キャンプ、ゲーム、ライブ、ハンドメイド、雑記ブログです。

カメラ初心者、単焦点レンズを買う#1 プロローグ

①カメラがすきです。

②でも、ド素人です。

③父親がその昔一眼レフカメラを持ってました。楽しそうでした。

④学生時代、写真スタジオで子どもの写真を撮るアルバイトしていました(アシスタントから昇格してカメラマンまで)。

 

これがカメラについての私のすべてです。

 

アルバイトで写真を撮り、ちょっとだけカメラについて教えてもらった程度。

でも、一度本格的なカメラを手に持って、実際に写真を撮ったりすると、自分で使うカメラもちゃんとしたやつが欲しくなるのが性だと思うんですが、どうですか?

私の場合は、そうでした。

やっぱり綺麗な写真が撮れる一眼レフが欲しくって。

そう思って、思い切ってCannonの70Dというカメラを買ったのが2014年初めくらい。当時レンズキットで15万くらい。たぶんプロテクターとかSDカードも含めて。

初めての一眼レフ、かなり悩んで購入しました。

当時、カメラ女子なる存在の普及で、カラフルなペンタックスとか、ママ向けにEOS Kissとか、ニコンもママ向けの軽いデジイチがあったりとか、あちこちの会社が軒並み初心者女性向けのデジイチを出していました。もちろん今もあるし、とってもいいカメラ。

でもちょっと違うの持ちたいとひねくれてた私は、初心者入門機じゃなく、ミドルクラスのカメラで扱いやすそうな70Dを選びました。

父の一言、「カメラはお金かける程いい写真撮れる。重い方がカメラ構えやすい」をモットーに。

70Dの前に、ミラーレス一眼も使ってました。オリンパスのPEN。←めっちゃカメラ女子に影響受けとる。笑

これを使っていて、ミラーレスでもやっぱり普通のコンデジより綺麗に撮れることは実感済み。

ただ、私はファインダーを覗いて写真が撮りたかった。

当時のPENでもオプションで付けられたんだけど、被写体そのものが見えるワケではない「電子ファインダー」でした。モニターを覗き穴で見るような。

難しいですよね。

仕事で使う訳じゃないなら、それで十分なはず。

それでも私はファインダーで被写体そのものを見て、写真を撮ることに憧れていたんだ!

やっぱり、アルバイトでも、一度ファインダーを覗いて合わせて、バシャン!とシャッターを切る快感を知ってしまった私は、どうしてもアレをまた味わいたくて仕方なかったのだ。

で、子ども(長男)が生まれ、保育園に入園して育休から仕事復帰し、半年働いて冬のボーナスを貰ったとき。

「よし、一眼レフを買おう。」

と一念発起。今しかない!と思って買いに走りました。

でも、今思っても、タイミングも買ったことも間違ってなかった!

あそこで思い切って買ってなかったら、その後買えなかったと思う。

しっかり、我が家の財産になってくれています。

やっぱ違うんですよー。写真が。

ヘタっぴでも、すごく綺麗。PCに取り込むと容量くうけど。

ただ、それだけいいカメラ持っていても、ちょっと使いこなせてなくて、宝の持ち腐れ感はあるんですけどね。

ちゃんと勉強しないと・・・

 

と、私がカメラを持とうと決心した時の話をしてきました。

最後に、なんでキャノンを選んだのかだけサクっと。

 

父親が持っていたカメラがCONTAXという今はもう製造されていない一眼レフカメラでした。

もう壊れていて、今は写真が撮れません。

でも、付いているレンズがとってもいいレンズなんです。所謂、F1.4。

結構高かったと思う。

私がカメラ買おうかな~と言っていた時に、父がこのレンズをくれると言いました。

キャノンのカメラだったら、アダプターを使えばこのレンズが付けられるらしいのです。

もちろん、オートフォーカスは使えないけど、カメラ持つなら一度は使ってみたいF1.4のレンズ。

で、キャノンに決めました。キャノンで、その当時のミドルクラス入門機。それが70D。

もう4年経ちますが、結局まだアダプター買ってないんだけど。

それを飛び越えて、とりあえず単焦点レンズ買おうとしてるけど。

いつかは使ってみたいレンズです。

 

さて、いざ単焦点レンズが欲しいといっても、たくさん種類もあって、そして予算もある。

お金、かけられないんですよ。。。お金かければいい写真撮れるって信じてる癖に。

すっぱりと潔くキャノンのレンズで合わせていくか、シグマやタムロンのレンズを合わせていくか。

案外サードパーティーのレンズが高いという。。。

キャノンの、撒餌レンズと言われているらしい、EF50mm F1.8 STMにしようか。。。

ちょっと時間かけて選んで行きたいと思います。