11番出口はこちらです

10年働いているのに、職場最寄の駅の出口が覚えられません。問い合わせにはしょっちゅう13番と答えます。キャンプ、ゲーム、ライブ、ハンドメイド、雑記ブログです。

自然分娩で給付金が貰える保険

f:id:ju39mehr:20200128085205j:plain

自然分娩で入院給付金25,000円ゲット!とってもお得な保険の話

次男の出産を終えて、私自身の保険の見直しをすることにしました。次男、現在4歳なので、もう4年前になります。

もう1人子どもが欲しいなと思い、それまで入っていた保険(終身)を解約し、新たに保険に入りました。

「ABCおかあさん保険」

 なんでこの保険に入ったかというと、この保険、自然分娩でも給付金がおりる!!

これってすごい事で。

基本的なお話ですが、出産は病気ではないので保険(国保でも社保でも)はききません。(ただし、自治体から助成されます。)

任意保険でもそれは同じ。

出産時に何か、、帝王切開とか、そういうトラブルが起きた場合はもちろん保険がおりますが、自然分娩はそうじゃない。

交通事故並みのダメージ受けるのに!入院だってするのに!

保険金は貰えません。

そこで今回は、自然分娩で本当に保険金がもらえるの!?という事を実際に給付金を貰った私がお話します。

産科医もびっくり!自然分娩で入院給付金が貰える

世にも珍しい、自然分娩で入院給付金が貰えるこの保険。

出産の証明書を貰いに、出産した病院に書類を持って行った時、受付の人にもお医者さんにも驚かれました。

なんなら、保険屋さんの事も詳しく聞かれちゃいました。

何十年とやってきて、普通分娩で入院給付金のための書類を書いたのは初めてだったそう。

それだけ珍しいって事なんですね。

どうやって保険に入るの?

まずは見積もりと資料請求から。

こちらから出来るので、ぜひやってみてください!

見積もりを取ったら、そのままweb申し込みをするのが上手な使い方。

web割引で、月額の保険料が100円引きになります。

こういうの、大事。

なんでこんなに安いの?

私もね、気になって調べました。

だって、病気になった時に大事な保険、適当なよく分からない業者の保険なんて信用出来ないから。

いわゆる「ミニ保険」

平成18年に導入された制度によるもので、正式には「小額短期保険」といいます。

保険期間が1年短く定められていて、1年ごとの更新が必要だったり、

保険金額の上限が細かく定められています。

だから、ミニ保険はそもそも保険料が安いんだから、保障もミニだよって事です。

例えば、私(齢34歳)が今入ったとしても、2,220円。

出産じゃなくても、何かしらの病気に罹った場合。

・入院給付金日額5千円

・手術給付金5万円

・死亡給付金50万円

・・・その他詳細はHPご確認ください。上のリンクから飛べます!

が貰えるのだから、ちゃんと保障も充実しているし、主婦が入る保険としてはちょうどいいんじゃないかな、と思います。

死亡して何百万とは貰えないけど、実際にそんなに大きな金額は必要ないかな、と。目的はそこじゃないし。

日常生活に支障の出る「入院」や「手術」の部分の費用を賄えれば、それで良し。

信販売に特化=経費削減を可能に

そもそも、この保険ってどんな会社がやってるのか。

お料理教室をしているABCクッキングスタジオって知ってますか?

ショッピングモールに入ってたりして、気軽にちゃんとお料理を教われるイメージのアレ。

あのクッキングスタジオを運営している会社が大元です。

ある程度認知度はあるし(私でも知ってたし)、私自身は会社情報を見て安心しました。

そんな会社が事業拡大して、この保険を始めたんですね。

そして、インターネットを駆使して、窓口や人件費をかけない事で、この安い保険料が実現しているんだと思います。

デメリットをあげるとしたら

所得税の控除対象にはならない

毎年、年末にみなさん確定申告や年末調整がありますよね?

そう、この保険(というか、小額短期保険全般)所得税の控除の対象になりません。

節税対策としてはまったく機能しませんのでご注意を!

実際にいくら貰った?

さて、いろいろ話してきましたが、実際に私はいくら払っていくら貰ったのか。

私は29歳の時にこの保険に入りました。

実は、私が入った時と内容が変わり、まったく同じ保障内容・掛け金のコースがなくなっていました。。

ネット申込割引もあり、私の保険料は月額1,650円。

年間掛け金が19,800円。

そして、給付金を請求したのが、33歳で三男を出産した時。

入院日額5,000円で、入院期間が5日間。総額25,000円を振り込んで貰いました。

(書類作成に3,000円ほどかかったので、経費を抜いたら22,000円!)

申請用紙を取り寄せ、病院から書類を貰い、必要事項を紙に書き、返送。

という手間がありますが、22,000円のバイトだと思えばへっちゃら。

書類返送してから1週間程で振り込みが完了しました。

25,000円の返金で、約15ヶ月分の掛け金が返ってきた事になります。

まとめ

新しく入る保険を探している時に、「今の私」に一番可能性があるのが「妊娠・出産」でした。

そして、家計に響かないもの。

そんな保険を探していた時に、見つけたのがこのABCおかあさん保険でした。

大事なお金を掛けるのなら、「今の私」にちゃんと返って来る保険にしたい。

自分にとって、お得な保険に入っていたい。

そんな私のニーズにぴったりの保険でした。

ちゃんと病気や入院、万が一の場合のカバーがされて、なおかつ、ちゃんと回収出来た事を考えたら、それまで入っていた掛け捨ての保険よりも気持ちよく保険料をかけ続けられます。

一生使う事のないかもしれない保険に高額掛けていた私にとっては、気持ちの部分でもかなり救われました。

保険は、安心。使わないなら使わない方がいいんだろうし(病気してないって事だもんね)、別に入らなくたって医療費を支払える能力があれば入らないけど、今の我が家にはその余裕がないので保険に頼らせていただいてます。

勧められるがまま、よく分からない保険に入っているのであれば、見直す事をオススメしたい!

そして、もし、これから家族が増える可能性があるのなら、自然分娩でも入院給付金を貰えるこんな保険も候補にあげてみてはいかがでしょうか〜!